09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
吹く詩の宴へお問い合わせ
カレンダー
吹く詩の宴とは
ランキングにご協力を!
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月8日開催、吹く詩の宴08の
詳細が決まりましたので、
blogでもご紹介させていただきます!!

今年は、第1部~第3部まで、
ガチンコ24時間のセミナーとなっています。
今日から要チェックです!!

■■■■■■  開催主旨  ■■■■■■

昨今の福祉行政および介護現場における行き詰まりは、
決して当事者、福祉従事者(経営者も含む)、
福祉行政者の3者において解決できる課題でも、
3者のみで解決すべき問題でもないと考えています。

これは、医療や教育、環境といった分野でも同じことですが、
広くて大きな現代的課題は、たとえ無理があっても、
様々な背景や具体的事例をオープンにし、繋げて考えていかなければ、
正確な理解や課題解決、そして新たな時代を創ることはできません。

だからこそ、私たちは「それぞれの生のカタチ、支え合いのスタイル、
生き抜くための手段」をめぐって、探求し、悩み、発見し、
発信し続けている様々な方々を招聘した
全国セミナー(私たちは「宴」と呼んでいます)を毎年、
千葉県木更津市で開催しています。

そしてこの「吹く詩の宴」は、福祉に携わる方々だけに限らず、
一般の方々とも、今の時代における、楽しさや生き難さを共有し、
それぞれが「誰もがありのままにその人らしく
地域で暮らし生き続ける」ことへの希望と大きなパワーを
体感して頂けることを目指します。

2008年のテーマは、
「新しい時代を創る旅に出よう! ~What’s Compassion?」です。
生きていれば誰しも感じることのある「しんどさ」や「せつなさ」。
同じ時代を共に生きる私たちが日々感じることを、互いに分け合い、
活かし合うことができる文化(時代)を創る旅の第一歩、
それが今年の“吹く詩の宴”です。
(今回のCompassionという言葉は「共感」「共苦」「共受」
という意味で捉えています)
スポンサーサイト
 

Comment


        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。